スナップ写真を依頼をしよう

結婚式

昔は親族や友人に写真撮影を頼んでいたケースも多かったですが、最近では「一生に一度の結婚式だからこそ、クオリティーの高い写真を残したい!」とプロのカメラマンに依頼するケースが増えてきました。

 

結婚式の写真は一生の記念になるものなので、失敗したら取り返しの付かないことに…。やっぱり、プロに頼んだ方がいいかもしれませんね。

 

 

 

会場提携のカメラマン、外部からのカメラマン

 

 

プロに依頼する場合、会場提携のカメラマンか、外部からカメラマンを呼ぶか、どちらがいいのか迷ってしまいますよね。会場を良く知っている会場提携のカメラマンは、技術や段取りに優れていることはもちろんですが、アクシデントにも臨機応変に対応してくれるというメリットがあります。また、ベストな撮影スポットを良く知っているのも嬉しいですね。

 

ほとんどの会場では外部から依頼した場合、持ち込み料がかかります。また、撮影NGの場所があったりするので事前に確認しておいた方がいいです。

 

外部カメラマンに対しても、ほしいシーンを撮影してもらるのか、確認しておきましょう。また、ほしいシーンは、しっかりと紙に書いてリクエストしておくと安心ですね。納品形態について聞いておいた方がよいと思います。

 

 

 

≪外部に依頼するときの注意点≫

 

 

(会場側へ)

 

○会場以外のカメラマンに依頼していいか

 

○持ち込み料はかかるのか、いくらか

 

○式場や会場で撮影NGの場所はあるか、ないか

 

 

 

(カメラマンへ)

 

○撮影してほしいシーンをしっかりと伝えておこう

 

○納品形態について教えてもらおう

 

 

 

 

撮影方法について

 

 

デジタルやフィルムでの撮影が基本です。カット数は、100カット以上から依頼OKというところが多いです。実際にカット数の平均は、300カット〜400カットを依頼するケースが多いようですね。ちなみにカット数無制限で撮影できるプランもあるようです。

 

 

 

納品方法について

 

 

フィルムの場合は、プリントやネガで(ネガ撮影の場合は、手焼き仕上げで納品してくれる場合もあり)
デジタルの場合は、プリントやデータ(CD−ROMなど)となります。

 

 

 

アルバムを作って思い出を残そう

 

 

厳選したカットのみを選んでウエディングアルバムを作ってもらいましょう。デジタルアルバムか、冊子アルバムのどちらかを選べます。

 

 

 

○デジタルアルバム

 

 

デジタルアルバムは、パソコン上で写真をレイアウト、デザインして作ってくれるアルバムで。書店で売られている写真集のようなイメージと考えてみてくださいね。デザインや色なども自分好みに選べるので、世界にたったひとつのオリジナリティあふれるアルバムに仕上がるでしょう。
※ちなみに、デジタルは顔の気になる部分(しわやくすみ、ニキビなど)を補正できます。

 

 

 

○冊子アルバム(手焼きの場合)

 

 

一枚一枚丁寧に職人の方が手作業で仕上げてくれるのが「手焼き写真」です。手焼き写真は、やさしい上品で高級感のある写真に仕上げてくれるのが良いところ。一枚一枚の写真がまるで芸術写真のような仕上がりとなるでしょう。

 

 

 

押さえておきたい撮影ポイント

 

 

□控室、メイク室でのシーン

 

 

□挙式
 (入場、誓いの言葉、指輪交換、フラワーシャワーなど)
 挙式会場によっては撮影ができない場所もあるので事前によく確認を

 

 

□披露宴
 (入場、乾杯、ケーキカット、お色直し入場、キャンドルサービス、花束贈呈、お見送りなど)

 

 

□会場、野外
 (会場の外観、会場中の雰囲気、食事、ウエルカムボード、ブーケ、ガーデンテラスなど)

 

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 写真とビデオとBGM > スナップ写真を依頼しよう