引き出物選びのスケジュール

結婚式「引き出物とはどんなものか」「いつ頃からどこで調達しすればいいのか」悩みますよね。

引き出物選びのスケジュールを以下にまとめてみたので参考にしてください。

 

 

 

 

「引き出物」ってどんなもの?

 

 

二人のために披露宴に出席してくれた招待客の方に、感謝の気持ちを込めて渡すお土産を引き出物といいます。引き出物は平安時代に客人へのお土産として馬を庭に引き出して贈ったことが、その由来で「長引く」「末永く」という意味から、引き出物という言葉が使われるようになりました。

 

引き出物は、記念の品物と引き菓子を合わせて2〜3品合わせて贈るのが一般的。予算は一人当たり、5000〜6000円が平均といわれています。

 

 

 

ポイント!

 

 

・招待客の方に感謝の気持ちを込めてかならず引き出物を贈ろう

 

・品物とお菓子で2〜3品くらいをセットにし、5000円〜6000円位を目安に考えよう

 

 

 

 

 

引き出物は「いつ」選ぶ?

 

 

引き出物選びは、結婚式3ヵ月前からスタートです。お互いの親とよく相談し合いながら絞り込み、結婚式1ヵ月前までには品物を決定し、発注できるようにしてくださいね。

 

 

 

 

≪引き出物選びのスケジュール≫

 

 

 

【結婚式3ヵ月前】

 

 

・品数や一人あたりの予算を決めよう

 

・会場に引き出もの持ち込み料がかかるか
 相談してみよう

 

・カタログを見たり、ショップを回ったりして
 品物をリストアップしておく

 

・リストアップした品物を親と相談しておこう

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

【結婚式2ヶ月前】

 

 

・親と一緒に品物を絞り込もう

 

※あとで親の意見と相違がないよう
品物を選ぶときは、必ず親に確認をとることです。

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

【結婚式1ヵ月前】

 

 

・品物を決定し発注しよう
 
※ 品物によって一定数を揃えるのに時間がかかる場合があります。
発注するのはできるだけ早めの方がいいでしょう。
どんなに遅くても結婚式1ヵ月前までには必ず発注しておくことをお忘れなく!

 

 

 

ポイント!

 

 

・品物選びは、結婚式3ヵ月前からスタートし、遅くても結婚式1ヵ月前には発注すること

 

 

 

 

 

引き出物は「どこで」選ぶ?

 

 

引き出物の調達先としては、「結婚式会場」で用意する場合と「外部のショップ」(百貨店、専門店)で用意する場合があります。会場でも百貨店や専門店でも、自分たちの好みの品物があるところで選んでOKです。

 

ただし、百貨店や専門店など外部のショップから持ち込むとなると、会場によっては持ち込み料を取られる場合があります。前もって会場の方に確認しておきましょう。ちなみに持ち込み料がかかる場合、1品あたり300〜500円と考えておいてくださいね。

 

 

 

ポイント!

 

外部から取り寄せる場合、前もって持ち込み料がかかるか会場に確認しよう

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 引き出物とプチギフト > 引き出物選びのスケジュール