招待状の宛名書きと発送

宛名書きは自分で書くの?

 

 

招待状を業者に頼んだとしても宛名書きをするのは、自分たちの仕事になります。どうしても時間がないなど理由がある方は、筆耕業者などに依頼するという方法もあります。一通あたり100〜150円くらいが相場となります。プロに頼んだからといって誤字脱字がないとは限りません。出来あがってきたらすぐに、誤字脱字がないかチェックすることをお忘れなく。

 

 

 

封筒の書き方

 

 

正式な宛名書きは、毛筆(筆ペン)が基本です。黒ペンや万年筆でも構いませんが、ボールペンだけはやめておきましょう。最近では、パソコンで宛名を打つ人も増えてきています。毛筆のような書体のものであれば、それほど失礼ではないでしょう。

 

夫婦ともに招待する場合は、名前を連名で書いてください。夫人の名前が分からない場合は、夫の名前の横に「御令夫人」と書いておきましょう。(目上の方であれば「御令室様」と書いた方がよいとされています)

 

 

差出人が新郎新婦の場合は、お互いの名前と現在の住所を書いてください。差出人が親の場合はもちろん親の名前と住所です。

 

 

 

 

招待状に同封するものを揃える

 

 

封筒の準備が出来あがったら、招待状に同封するもの(招待状、返信はがき、会場までの地図など)を納めて、送る相手を確認してから封をします。封は途中で空いてしまわぬようしっかりとのり付けをすること。そして、上から封筒の口を留めるためのシールを貼ってくださいね。このシールは「寿」という文字が書いてあるタイプを用意するといいですね。

 

 

 

≪招待状に同封するもの≫

 

・招待状本状

 

・返信はがき
 (受取人の住所氏名入り、慶事用の切手を貼付)

 

・会場案内地図
 (式場が用意している場合あり。あらかじめ人数分をもらっておく)

 

・挙式案内状
(挙式に出席していただく方のみ)

 

・祝辞、乾杯、余興、受け付けなどの依頼状
(スピーチや余韻をお願いする方のみに)

 

・2次会の案内状

 

・遠方の招待客の方には交通手段の案内、宿泊の案内など

 

 

 

 

 

 

招待状を発送しよう

 

 

 

招待状は披露宴の2か月前までに

 

 

招待状は披露宴の2ヶ月前までには発送するようにしましょう。招待状の発送が遅れてしまうと、招待したい人の都合が合わなずに出席していただけない可能性があるからです。招待状のお返事をいただく期日は、できれば、披露宴の1ヵ月前ほどが理想的です。

 

ご媒酌人や主賓の方には直接会って渡すのが理想的です。会社などにお勤めであれば、上司や同僚と毎日会うわけですからできるだけ手渡しするようにした方がいいと思います。

 

 

 

 

封筒や返信はがきの重さを量って

 

切手を貼る前に重さを量ってみましょう。定額郵便の場合、25gであれば80円ですが、それより重くなると90円になってしまうのでご注意を!

 

 

 

切手を購入

 

 

封筒や返信はがきに貼る切手は、慶事用タイプの切手を購入するようにしてください。慶事用タイプの切手には、鶴や寿、ハートなどがあります。写真をつかった自分だけの切手をつくることもできます。(詳しくは日本郵政公社のホームページをご覧くださいね)

 

 

 

 

返信はがき締め切りが過ぎたら

 

 

返信締め切り日が過ぎたら、返信はがきをすべてチェックします。出欠をここで確認するのです。返信はがきがまだ届いていない方には、電話などで出欠確認をお忘れなく。もしも、欠席者が多かった場合は、別の人に出席を打診してもよいでしょう。ただし、数合わせのために誘われたということがバレないようにしてくださいね。

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 招待状を作ろう > 招待状の宛名書きと発送