招待客をリストアップ

3つのカテゴリに分けてリストアップ

結婚式に呼びたい人をあげるとかなりの数があがるかも知れません。

なので、絶対に招待すべき人』『できれば招待したい人』『出来れば呼びたい人』の3つのカテゴリにわけてリストアップしておくとよいです。

優先順位をつけることで人数調整がしやすくなります。

 

まずは、『絶対に招待すべき人』を書き出します。
絶対に招待すべき人たちとは、主賓、親戚、上司や同僚、恩師や友人などです。

それぞれの関係や肩書きも記入しておきましょう。

次は、『できれば招待したい人』と続けていきます。

 

招待してもらった人は招待するのがマナー
「以前、Aさんの結婚式に招待されたけど、そのAさんとは今は交流がない。

自分の結婚式に招待していいものなのか…?」
というような悩みはありませんか?
実際に、過去に結婚式に招待されたけど、今は音信不通なのだから、別に招待しなくてもいいのでは?という考えは間違えです。

過去に自分が招待されたなら、自分の結婚式にも相手を招待するのは基本的なマナーです。

 

たとえ、今は疎遠になっている人でも招待状を出してみませんか?
出席するかしないかは、相手の判断に任せることにして、招待したという姿勢を見せておいた方がいいでしょう。

 

少し多めの人数をリストアップしておこう
結婚式に出席してほしい人は、少し多めにリストアップしておきましょう。

来てほしい人すべてを書きだすのは容易なことではありませんが、予定人数ぴったりしかリストアップしていない場合、出欠のときに調整するのがとても大変です。
かなり、めんどくさいことになります。

あとで行う人数微調整のことを考え、少し多めの人数をリストアップしておいてくださいね。

 

リストアップは親も参加!
自分たちの結婚式ですが、両家の子供たちの結婚式でもあります。

親戚交流や義理の付き合いなど、二人には分からない家としての交流はどこの家にもあるものです。

二人だけでなく、お互いの両親にも「誰を招待したらいいのか?」しっかりと聞いておくことです。

絶対に招待しなければならない人が漏れていては困ります。
リストアップしたら、親からの招待客に漏れはないか、必ず確認してもらってくださいね。

 

招待客を絞り込むときのポイント

予算は大丈夫?

招待しようと思う人数は、会場の収容人数以内でしょうか?

予算内に収まる人数でしょうか?
これらを考慮しながら選びましょう。

 

また、遠方から招待客を招こうと思うなら、交通費と宿泊費をこちら側が負担するのが一般的ですよね。
遠方の人を招待するときは、予算との兼ね合いを考えておいたほうがいいでしょう。

 

座席の位置は大丈夫?

テーブルに何人まで着席でいるかを確認しておきましょう。

親戚や友人、職場関係の人たちをまとめて座らせられるか、考えながら人数調整をするのがポイントです。

 

例えば、1テーブル10名用だけど、職場関係の人を9人呼びたいとき、
1人を増やして10テーブルにしてもよいですし、5人と4人の2テーブルにしてもよいでしょう。

 

両家のバランスは大丈夫?

招待客の数は、両家で同じくらいに揃えるのがバランスがよくていいですね。

しかし、絶対に揃えなくてはいけないという決まりはありません。
両家がそれで納得しているなら、多少のバラつきがあってもいいと思います。
一方が40名であった場合、もう一方は30名というくらいならいいでしょう。

 

招待客のリストを作ろう

誰を招待するのか決めたら、招待客のリストを作っておきましょう。
招待状を送るときにとても役立ちます。

 

チェック項目は

 

【名前】
【住所】
【間柄】
【電話番号】
【招待状の発送】
【返信】
【引き出物】
【ご祝儀の額】

 

などあれば十分でしょう。
招待状の返信欄やご祝儀の欄などを作っておくと後々まで役に立ちますよ。

 

招待する人にはあらかじめ連絡しておこう

招待したい人はあらかじめ、結婚報告をかねて結婚式出席のお願いをしてから招待状を発送する方が丁寧です。

人数の把握にも役立ちますし、相手を困惑させてしまわぬような気遣いにもなると思いますよ。

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 招待状を作ろう > 招待客をリストアップ