カラードレスの選び方

結婚式

ウエディングドレスだけでなくお色直しとして多くの人がカラードレスを着用しますが、種類や色があり、どれが自分には似合っているのか、迷ってしまいますよね。
それでは、カラードレスの選び方のポイントをご紹介したいと思います。

 

時間帯によって選ぶ

披露宴の時間帯によってドレス選びも変わってきます。

 

昼に披露宴をする場合はアフタヌーンドレスが基本です。

アフタヌーンドレスは肌の露出が比較的少ないものが多いようですね。
綿の素材やレースの素材なども昼の披露宴にはお似合いです。

 

夜の披露宴はイブニングドレスが一般的。

昼のアフタヌーンドレスとは違い露出が高いデザインのロングドレスとなります。
カクテルドレスといわれるドレスの丈が短いものでもOKです。

 

カラーイメージで選ぶ

レッド系

情熱的で艶やかな雰囲気になります。
肌が色白の人がこの色を着るとより映えるでしょう。
レッド系でも大人っぽいイメージに仕上げたかったら、ワインレッドがいいと思います。

 

 

ブルー系

清潔感のある印象を与えたいならブルー系のドレスがおススメです。
淡いブルー色は幅広い層から好感をもたれます。
膨張色ではないので、ぽっちゃり体型の方でも安心して着れるカラーといえるでしょう。
ただし、ブルーでも濃い系は、デザインによってかなり暗い感じになってしまうので選ぶときに注意してくださいね。

 

 

ピンク系

女性らしさと可愛らしさの定番色といったらピンク系でしょう。
日本人の肌の色にもピッタリ合うので昔から人気があるドレス色です。
とくに、オレンジ色かかったサーモンピンクや光沢のあるパール系のピンクは女性からの支持が高いよう。
ただし、ぽっちゃり体型の方は要注意!
ピンク色=膨張色なのでそこを考慮しながら選んでみてくださいね。

 

 

グリーン系

秋から冬にかけての季節には深いグリーン系のドレスを選ぶとしっとりとした落着きのあるイメージに仕上がります。
ただし、ブーケやメイクを工夫しないと暗い印象になってしまうので気をつけてくださいね。

 

 

パープル系

淡いパープルは可愛らしい印象を、濃いパープルは大人の優雅な印象を与えてくれます。
色白の方は、色の濃いパープル色のドレスを選んだ方がいいかも!
存在感がパッと映えて見えると思いますよ。

 

 

オレンジ系

明るくて元気なイメージを与えてくれるのがオレンジ系の色です。
ドレスを着るだけで表情が明るく健康的に見えます。
もう少し、明るいイメージを持たれたいと思うなら、ぜひオレンジ系にチャレンジしてみてはいかがですか?

 

 

ブラック系

スパンコールのレースを使ったデザインのものが最近では人気のよう。
結婚式に嫌煙されがちの色ですがシックで上品なイメージもあります。
特に長身でスタイルのよい方は似合う大人の色です。
披露宴を夜の時間帯にあげるなら、ぜひチャレンジしてみてください。

 

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 衣装と小物とブーケ > カラードレスの選び方