ドレス選びのコツ(会場別)

結婚式ウエディングドレスと一言でいっても様々なデザインがあり、どれを選んでいいか迷うもの。基本的には自分の好きなデザインを選べばいいわけですが、会場の雰囲気とマッチしたものを選んだ方がより、より美しいウエディング姿が引き立つでしょう。

それでは、会場別衣装選びのポイントをまとめましたのでご紹介したいと思います。

 

 

 

教会・チャペルウエディング

 

 

教会は神聖な場所なので、肌の露出が少なく清楚な雰囲気のドレスを選んだ方がいいでしょう。ボリュームのあるドレスにベールと手袋を着用するのが一般的なウエディングスタイル。スカートは足を覆うロング丈のフルレングススカートで清楚の決めるのもいいかもしれませんね。

 

バージンロードを歩く自分の姿も想像して。バージンロードに映えるためにもトレーンは長めに引いたドレスが似合います。教会ですので、ベールと手袋はかならずつけるようにしましょう。

 

 

 

 

ホテル・専門式場

 

 

ホテルや専門式場というのは、天井も高く、会場はとても広いです。照明や演出が華やかなイメージがあるので、その華やかさに負けないくらいボリュームのあるドレスを選んだ方が見栄えがありいいと思います。

 

ウエストから下はスカートをフレア状に膨らませたデザインの「プリンセスライン」や裾に向かって広がっていくすっきりしたデザインの「Aライン」などがおススメですね。デコルテが美しくみえるドレスも存在感があって、広い会場でも劣ることなく、アピールできると思います。

 

ホテルや専門式場であげる際のドレス選びのポイントをまとめると、ある程度ボリュームがあって存在感があるドレス、です。離れて座っている招待客の方にも満足してもらえるようなドレスをぜひ選んでみてくださいね。

 

 

 

 

レストラン、ハウスウエディング

 

 

スペースが限られた場所を何かと動き回ることが多いのがレストランやハウスウエディングの特徴です。動きやすいカジュアルなスタイルのドレスを選ぶことがウエディングドレスの第一条件でしょう。

 

ボリュームを抑えた「Aライン」や「スレンダーライン」は、動き回っても邪魔になることがないのでおススメですね。逆にトレーンが長かったりゴーシャス過ぎるデザインのドレスは避けた方がいいでしょう。

 

お色直しとしてスカート丈の短めのドレスは、とても動きやすいですし、カジュアルな雰囲気とマッチしていてお似合いですね。

 

 

 

 

ガーデンウエディング

 

 

ガーデンウエディングは、自然の緑に映えるようなデザインや色を選びたいもの。ウエディング衣装の定番である純白のドレスはまさに緑豊かな美しいガーデンに映る衣装でしょう。お色直しのドレスも緑にマッチした色合いのドレスを選んでみてください。

 

ドレスのディテールには、フリンジなど動きのつけたデザインが素敵に映ります。フリンジは動くたびになびきますし、フリルはドレスに陰影をつけて、立体感あるドレスがとても存在を感じらせてくれるはず。肌を見せるドレスで開放感をアピールするのもいいと思います。

 

屋外ならではの自然の光も大いに利用して、ビーズやレース素材でまとめてみると屋外ならではの自然の光により、キラキラと素敵な色どりの演出が期待できますよ。

 

 

 

海外ウエディング

 

日本からドレスを持ち込む場合は、シワにならないでコンパクトに持ち運べるものが便利です。そう考えるとオーガンジー素材やレースなどが向いているのではないでしょうか。開放的なリゾート地での挙式になるので、一般的な会場では体験できないような丈が短くて大胆なデザインのドレスが海外の雰囲気とマッチしていてお似合いではないでしょうか。

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 衣装と小物とブーケ > ドレス選びのコツ(会場別)