会場に申し込もう

ブライダルフェアや下見にいったら、
様々な角度から比較検討してみてください。

 

気に入った場所が見つかったら、

取りあえず仮予約をしておくことをお忘れなく!

 

会場を比較しておこう

気になる会場をすべて回ったら、様々な角度から比較検討してみます。

予算はオーバーしていないか、招待客が満足できるような設備は整っているか、希望の日取りは取れそうか?
やってみたい演出はできそうか?
二人が絶対に外したくないポイントは、どこの会場なら実現できそうか?などです。

 

それぞれの会場にそれぞれの良さがあると思います。
比べて選び出すのは大変かもしれません。
そんなときは、『理想の結婚式のイメージづくり』のところに戻って、自分たちが思い描く理想の結婚式のイメージに一番近いものはどれなのか、考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

二人だけでなく両家の両親も…。

検討するときは、二人だけで決めて、後で親に報告したとき反対されてしまうというケースもよくある話。
そんなことをしたら二度手間になってしまいますので、要注意です。

検討する際は、二人だけでなく、両家の親の意見も聞いてから決めることにしましょう。

気に入ったら「仮予約」は早めに

気に入った会場は、取りあえず「仮予約」しておくとよいでしょう。
そのあと他に気になる会場が出てきた場合、予約をしてしまうとキャンセル料が発生しますが、仮予約だったらキャンセルしても無料です。(期間内という条件あり)

 

仮予約の期間は、だいたい1週間くらいのところが多いようです。
仮予約のこの期間中に、再度じっくり検討してみるなど、最終的な答えを出す期間として利用してみてください。
ちなみに、仮予約への費用はかかりません。

 

申し込みに行こう!

仮予約をして期間中にじっくり検討してみた結果、最終的に結婚式をあげたい会場がきまったら、早速申し込みにいきましょう。 申し込みする際に必要なものなどは、あらかじめ会場側に聞いておいてください。 申し込み時に申込金が必要であることが多いようです。

金額は会場によって違いますので、そこのところも聞いておきましょう。
だいたい10万円くらい用意すれば心配ないと思われます。

 

そのとき、キャンセルの条件やキャンセル料金についてよく確認しておきましょう。
また、挙式日前に内金としていくら支払えばいいのか、など料金の支払い方法についても確かめておく必要があります。

 

予約するとき、新郎新婦の住所や氏名、挙式、披露宴の形式、出席者の人数などを記入します。
記入する人(新郎か、新婦のどちらか)が、その場で迷うことのないようにしておいてくださいね。
また、式場の規約や今後のスケジュールによく目を通しておくことも忘れないようにしたいものです。

 

会場との打ち合わせスタート

予約が成立すると、会場側の担当者(プランナー)が決まります。

担当者(プランナー)との打ち合わせは、通常3〜5回としかありませんので、遠慮せずに二人の希望を伝えるようにした方がいいでしょう。

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 結婚式の準備スタート > 会場に申し込もう