上手なブライダルフェアの活用術

『希望会場をピックアップ』に書きましたが、まずは雑誌やウエブで結婚式会場をピックアップします。

その中で、気になる会場を探し、その会場の下見や見学に行ってみましょう。

 

ただ、結婚式会場を下見にいっても実際に挙式や披露宴が行われていないなら、実際の結婚式イメージはつかみにくいもの。

結婚式本番の臨場感を味わうためには、ブライダルフェアは、絶対に活用すべきです。

 

「ブライダルフェア」って、何!?

ブライダルフェとは、会場が結婚式に関する情報を発表するイベントのこと。
結婚式当日の様子がよくわかるので、「結婚式準備の中で一番助かった」という声が先輩カップルから聞こえます。

 

本番の会場雰囲気はもちろんですが、ゲスト目線で味わえる試食会ウエディングドレスの試着、感動の模擬結婚式の体験まで、実際に足を運んでチェックしたい催しばかり。
そして、個別に相談もできるもありがたいですよね。

 

基本的にブライダルフェアへの参加は無料が多いです。
しかし、婚礼料理の試食会などで食事代などが有料になっていることもあります。
その場合でもかなりお得な料金設定になっているので(数千円〜半額程度)、
料金をあまり気にせず安心して参加できるでしょう。

 

「ブライダルフェア」はいつ行われているの?

いつブライダルフェアをやっているのか、その日程は結婚情報誌やウェブサイトなどで知ることができます。 基本的に土日の開催が多いですね。

 

予約が必要な場合は、ウェブか電話で予約しておきましょう。
1日に何会場かをまわりたい場合は、1日2会場まで、としておいた方がいいです。
1日2会場であれば、あとで整理するときにゴチャゴチャにならずにすむでしょう。

 

ブライダルフェアで何が行われるの?

 

模擬挙式

どのような挙式が行われるのか、新郎新婦役のモデルさんを使って見せてくれます。
挙式を見ながら、自分たちの希望どおりの雰囲気かどうかをよくチェックしておいてください。

また、会場は招待客の数に見合った広さか、遠くの席からも二人の姿が見えるか、バージンロードの長さは大丈夫か、などを確認しておいた方がいいでしょう。

 

模擬披露宴

きちんとコーディネートされた会場でテーブルに座り、様々な演出を見ることができるのが模擬披露宴です。

婚礼料理や試食や衣装のファッションショーを行っているところもあります。
披露宴会場の雰囲気はどうでしょう?
コーディネートのチェックも欠かせませんよね。

また、自分たちの収容人数にマッチした会場の確認もお忘れなく。

 

試食会

実際に出される料理を試食して味を確かめましょう。

この料理の試食は絶対に行ってください。(←招待客の方が期待しているところなので…)

 

フルコースで出されることもありますし、コース料理の中の何品か試食するパターンもあります。
それぞれのコースの中から、メイン料理が2〜3品選択できたりといった具合に料理にバリエーションがある場合が多いでしょう。
二人で訪れたら、それぞれ違うバリエーションを注文して、お互いに食べ比べしてみるのが試食会のコツですよ。

 

試食といっても無料ではなく、有料のケースも。

ただ、普段よりもリーズナブルなお値段で実際の披露宴メニューがいただけるのでちょっとしたデート気分を味わえるのも魅力的ですね。

 

ドレスの試着

 

気になったウエディングドレスやカラードレスを試着できます。

ヘアメイクのサービスがある場合も。

持参したカメラで写真を撮っておくと、後でドレス選びの参考になるでしょう。

 

展示されている衣装を実際に自分が着てみると想像していた雰囲気とギャップがある場合があります。
ただ眺めるだけでなく、気に入った衣装はかならず試着してみることをおススメします。
ティアラなどの小物なども忘れずに試着してみてくださいね。

 

引き出物の展示

引き出物やプチギフトの展示がある場合もあります。

 

相談会

ブライダルのプロが具体的にアドバイスしてくれるのが相談会です。

分からないことは何でも質問してみましょう。
メモをとっておくと後で色々と決定するときにためになるでしょう。

 

ブライダルフェア、ここに注意!

ブライダルフェアに行くときの服装や持ち物はどうしたらいいでしょう?
また、スタッフさんへの振る舞え方についての注意点に紹介したいと思います。

 

服装

ブライダルフェアに行くときは普あまりにカジュアル過ぎる服装は良くありません。
服装にも気を配りましょう。
女性は少しおしゃれをする感じでいいです。
ワンピースにカーデガンなど、ほんのちょっと気を配るくらい感じでいいでしょう。
男性側は、ネクタイまでは必要ありませんが、ジャケット位は着用したほうがいいでしょう。

 

会場によっては婚礼衣装が試着できることも!

そのためにも脱ぎ着がしやすい服装が便利ですね。

フェアでは会場をあちこち動き回ります。
慣れない靴を履いていくと足が痛くなってしまう可能性も。

履きなれた靴の着用をお願いします。

 

持ち物

1日に何件ものフェアを回ることもあるでしょう。
その場合、記憶があやふやに…。
後で思い返すのも難しくなってしまいます。
それを防ぐためにもデジタルカメラを持って撮影しておきましょう。

メモやペンを持ち歩き、気が付いたところはすべて書き留めておけば、あとで会場を検討するときに非常に役立つこと間違いありません。

 

スタッフへのふるまい方
ブライダルフェアによって、スタッフさんが案内して説明してもらえる場合があります。

いろいろ説明を聞きたい、という人は別ですが、自分たちのペースで見学したい人にとっては、とても苦痛ですよね。

その場合は、「自分たちでまわります」と一言断っても大丈夫ですので、安心してください。

 

しかし、スタッフさんは上手に利用したほうが何かとお得かも!
いろいろな情報を仕入れたり、疑問点を質問できるからです。

多少の気詰まりはありますが、お得で便利なのは、スタッフさんと一緒に見てまわる方でしょう。

 

すぐに予約はNG!とりあえず「仮予約」で

本番さながらの雰囲気を味わい気分が高まり「この会場に決めた!」と思ってしまうかもしれません。
しかし、もしかしたら、今の会場以外にもステキな会場があるかもしれません。

ですので、即決で予約しない方がいいでしょう。 とりあえず、その会場が気に入ったら「仮予約」をしておくことをおススメします。

(予約はキャンセル料がかかるが、仮予約はかからないので)

 

「仮予約」をしておき、家族の意見も参考に自宅でゆっくり再検討してみてください。

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 結婚式の準備スタート > 上手なブライダルフェアの活用術