結婚式の情報の集め方

挙式も披露宴もさまざまなスタイルのものがあります。

 

式場や会場も好きなように選べるのはいいのですが、その中から選ぶのはとても迷いますよね。

 

たくさんの選択枠の中から、二人らしい結婚式のスタイルを決めるには、まずは結婚式について知ることが大切です。
つまり、結婚式の情報収集がとても大事ということです

 

結婚式の情報はどこから仕入れる?

 

書籍

さまざまな年代が集まる結婚式。

主役でありホスト役でもある二人が知っておくべきマナーをたくさん学ぶことができます。

「書籍」は、結婚式の段取りやマナーを知るために必要な情報収集源でしょう。
ただし、少し古い情報が含まれている場合が多いので気をつけてくださいね。

 

 

結婚情報誌
今流行の結婚式は何!?というときに役立つのが「結婚情報誌」です。

結婚式の流行や会場のことを詳しく知りたいときに、結婚情報誌を読めば、

最新の情報を手に入れられます。

フェアなどのお得情報も知ることができるでしょう。
ただし、結婚情報誌だけあって情報が山盛りです。
ある程度、絞ってからでないと迷ってしまうこともあり。

 

 

インターネット

ほしい情報をいち早く手に入れたいなら「インターネット」を活用するのが賢い情報収集術です。

結婚情報の総合サイトは、結婚にまつわる充実した情報を自宅ですぐに調べることができます。 希望する会場を検索したり、衣装や宝石選びなどのほしい情報をほしいだけ仕入れられるのは最大の魅力でしょう。

 

▽オススメ結婚情報の総合サイト▽
ブライダルフェアの予約で商品券がもらえるキャンペーン中《すぐ婚navi》

 

会場見学やパンフレット
「会場の見学」ではスタッフの方に直接質問ができます

どんなに些細な疑問でも答えてもらえるのも嬉しいポイントですよね。

 

また、会場の売りをアピールするのが「会場のパンフレット」です。

この会場の雰囲気や売りをパンフレットでイメージできるので、とても役立つでしょう。

 

ただし、パンフレットの場合、当然ですがデメリットは書いてありません。
実際に会場へ足を運んで、自分の目でみる会場見学も同時に行いながら、パンフレットと照らし合わせるのがいいでしょう。

 

ブライダルフェア

模擬挙式や試食会などが行われるのが「ブライダルフェア」です。

当日の会場雰囲気が何より分かりやすいので、ぜひとも二人で足を運んで自分の目で情報収集してくださいね。

 

経験者の声
結婚式を挙げた身近な人の声ほど、貴重な情報収集源はありません。

とくに「あのようにすればよかった・・・」という後悔や失敗談は、参考にならないはずはない!
分からないことや不安なことは質問したり、相談にのってもらえるのも心強いですよね。
しかし、その情報が正確かどうか分かりません。
ものの考え方には個人差があるからです。
あくまでも情報元のひとつとして、参考にする程度にしておきましょう。

 

いろいろな角度から情報を集めよう

書籍や情報誌、インターネット、媒体ごとに特徴は様々です。
それぞれの媒体イメージを理解したうえで、自分たちはどんな結婚式がしたいのか、イメージを固めていきましょう。
「こんな結婚式がしたい」というイメージが固まったら、どんな会場があるのか調べてみるとよいでしょう。

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 結婚式の準備スタート > 結婚式の情報の集め方