婚約指輪のいろいろな種類

婚約指輪というとダイヤモンドがあしらわれている煌びやかなイメージはありませんか?

実際に、婚約指輪にはダイヤモンドをよくつかいます。

これはダイヤモンドが地上にある鉱物の中で最も固く、永遠の愛を象徴するのにふさわしいという考えがあるからです。

ダイヤモンドのように固い絆で永遠に壊れない愛を…。という意味が込められているのでしょう。

 

アームの素材はプラチナが一般的です。
『プラチナは、希少価値が高いうえに変色しにくい』という理由からプラチナが好まれて選ばれるようです。
最近では、女性たちにホワイトゴールドやピンクゴールドなども人気があるようです。

 

ダイアモンドの品質は、4Cで評価されています。

(カラット、カラー、クラリティ―、カット)です。
これらすべてにおいてグレードの高いものは、当然ですがその分、お値段も高くなっていきます。

 

そして、婚約指輪のデザインは、実にバラエティに富んでいます。
どのようなデザインがあるか、主なものを以下にあげてみましょう。

 

婚約指輪デザインの種類

ソリテール
定番なのは、一粒のダイアを小さな縦爪で留めたデザインの『ソリテールタイプ』のデザインです。

シンプルなリングなので、センターにあるダイヤモンドが際立ちます。
「やっぱり婚約指輪は、シンプルが一番だわ」という人におススメのデザインでしょう。

 

 

エタニティ
『エタニティリング』とは、同じ大きさのダイヤをぐるりと取り囲んだデザインの指輪のことです。

周り全部をダイヤで囲んだものがフルエタニティ、半周をダイヤで囲んだものがハーフエタニティと呼ばれています。
ダイヤを贅沢につかったデザインですが、大きなストーンをしようしていないので、豪華なイメージよりも価格は高くないですし、
大きなセンターストーンを使用していない文、日常的に身につけやすいというメリットもあります。

 

 

メレ
華やかさや可愛らしさを求めるなら、 センターダイヤの脇に小さなダイヤをあしらった『センターダイヤ+メレダイヤモンド』がいいですね。

メレ(melee)とは、フランス語で「小粒石」や「混雑した」という意味があり、

小粒のダイヤモンドが混ざった指輪のことであると想像してみてください。

脇のメレダイヤモンドがセンターストーンをより鮮やかに引き立ててくれます。

 

 

パヴェ
ゴージャスな雰囲気がほしいなら、パヴェといった小さなダイヤを石畳のようにびっしりと引きつめたデザイン

『センターダイヤ+パヴェダイヤモンド』をおススメします。
指を包み込むようにダイヤモンドがびっしり並んでいるので、このリングをつけているだけで贅沢な気持ちになります。
ダイヤモンドのラインがゴージャスなのに現代的でシンプルなラインです。
色々な場面で活躍してくれそうですね。

 

関連記事

結婚式までにダイエット!人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

ガッツリ5キロ以上痩せたい方は・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<


スポンサードリンク

今どきブライダルがしっかり分かる!結婚式準備情報サイト > 結婚式の基礎知識 > 婚約指輪のいろいろな種類